外国為替証拠金取引
 
スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
ランキングに参加しています
応援していただけるととっても嬉しいです
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつも読んでくれてありがとう




↓応援していただけるととてもうれしいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ

「大腿骨頭壊死症」 Hさんの決意

前回までのお話・・・・・


「大腿骨頭壊死症」

にある日突然なってしまったHさんですが、
それまでステージに立つ仕事をしてきたのに、
急に、もう踊ることができない体になってしまった・・・・

悩んだ末に彼女が選んだ道は・・・・・・



-----------------------------------------------------------




前回お伝えしたHさんですが、
やはり病気が発覚した時は、かなりのショックで
悩みに悩んだそうです。

私も、何か力になれればと、思いましたが、
その当時は、非力にも、
どうして良いか解らず、ただ励ますだけだったように思います。


で、
それからHさんは、病気と共存する事を決意し、
人工関節の手術をすることを避けて、
人間の治癒力による
股関節軟骨の再生を目的とした治療方法を
選んだそうです。

彼女の場合は
両足の関節が陥没しており、
痛みも相当あるらしく、
人工関節にすれば、激しい運動はできないにせよ、
痛みはなくなります。

なのに、それをあえて拒否し、
別の治療方法を探し続けたそうです。


そして、いろんな情報をかき集め、
唯一可能性のありそうな治療方法を
行っている病院を
探し当てました。

それに関し、
彼女から、メールで拡散希望の文章をいただきました。

ここで紹介したいと思います。

以下、彼女からのメール本文


------------------------------------------------------------------------




今から6年程前、2009年2月頃、急に右股関節に激痛が走り、
今までにない異様な痛みを感じました。
その頃よく自転車に乗っていたので筋肉痛かなと思いましたが、
筋肉痛ではない感じがし、大学病院へ。
そこで検査を受けましたが、どこも異常がないとのことで、
湿布と痛み止めを出してもらいました。

しばらくそのまま様子を見ていましたが、
数ヵ月経っても、その異様な痛みは変わらず、
何かおかしいと思い、近所でお薦めの整形外科に行ってみました。
そこで初めて、聞いたことのない病名を耳にしました。


両足特発性大腿骨頭壊死症・・・


はっきりとした原因が不明とのことで、国特定の疾患(難病)です。
大腿骨の部分に血が通っていない状態(壊死)で、
時間とともに丸い骨頭が変形し、陥没、歩くことが困難になります。
『一生を左右する難病です』という先生の言葉と、
もう飛んだり跳ねたり、
走ったりする動きができなくなることを知り、
しばらくは受け入れることができませんでした。


治療法は、壊死の範囲によって回転骨切り法、
保存療法で最終的には人工間接になることがほとんどだそうです。


人工関節は、脱臼の可能性があり、15~30年で消耗してしまうため、
年齢と使い方によっては、入れ換えが必要となるようです。
また色々な制限もありますが、痛みはなくなり、
杖なしで歩行と、日常生活は楽になるようです。

私はしばらく悩みましたが、人工間接は最終手段と考え、
その間医学の進歩にも期待を持って、知人の紹介で骨移植を受ました。



今、大腿骨頭壊死症で骨髄移植手術をしている病院は、
日本に1件、筑波大学附属病院だけだそうです。
進行具合いによってですが、完治の可能性がある手術です。

手術時間は大体、1時間30分~2時間くらいです。
自分の骨髄液を採取し、
壊死の骨の一部に1センチ程の穴を空け、
円心法で流し込む手術です。

入院はおよそ2ケ月、術後6週間は車椅子、
残り2週間でリハビリの後、退院になります。


退院後、座り仕事の方はすぐに復帰でき、
立ち仕事の方は大事をとって3ケ月後から少しずつ復帰しました。
定期検査のレントゲンは、3ケ月に1度から、半年に1度、今は1年に1度になり、
左足は回復に向かっているそうです。

右足は進行の度合いから元々適応してないとの事で、
痛みは残ったままですが、手術前より楽に歩けるようになり、
進行は止まっているようです。

外出時、長距離を歩く時は杖をつきますが、
家や職場の屋内では杖なしで歩行、今のところ特に不自由だと思うことはなく、
日常生活を送れています。

この先、人工間接になるかどうかは分からないですが、
まず骨移植を受けて良かったと思っています。

最近、同じ病気の方に骨髄移植を勧め、
筑波大学病院をご紹介させて頂き、
その方は進行具合いから適応されているとのことで、
手術を受けられ、両足完治に向かわれているそうです。


この記事が、同じ病気で苦しんでいる方の、少しでも何かお役に立てれば何よりです。


---------------------------------------------------------------------------------

以上


「大腿骨頭壊死症」になっても
人工関節に頼らず、
治す方法がありますよ、ということを
同じ病気の方々に
お知らせしたい。

そう、彼女は言っておりました。


私のこのブログの場をお借りして、
彼女の想いを広げられたら、と思い、
紹介させていただきます。


本当はこんなお願いはダメなんでしょうけど、
これを読んだ方、もし、共感していただけたなら、
各ソーシャルメディアでの、拡散をお願いします。


宜しくお願いします。












いつも読んでくれてありがとう




↓応援していただけるととてもうれしいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ

コメントの投稿

秘密

   
プロフィール

雲のジュウザ改め山本元三郎

Author:雲のジュウザ改め山本元三郎
アラフィフ独身
脳梗塞の親父の仕事を手伝う為、
週替わりで田舎と東京を
行ったり来たりしていました。

自身の借金1500万!

それでもめげずに
充実した人生を歩みたい
そう願い、
まずは断捨離から決行

はたして明るい未来は
待っているのでしょうか?

必ず幸せになると
信じて、毎日を過ごしております。

始めてこられた方は
ぜひ最初からお読みください

~はじめに~

にほんブログ村新着記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサードリンク
アクセス解析
外国為替証拠金取引
人気ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
7946位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1805位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。